夜中に散歩がしたい

日付が変わるころに集合して散歩がしたい。できればアイスと缶チューハイでも持って散歩がしたい。

 

去年の今頃はなぜだか金曜日になると先輩たちと夜な夜なカフェに行き、カフェが閉店する2時だか3時だかにバッティングセンターに行ったりカラオケに行ったりしていた。つまりは遊んでばかりいた。今も遊んでばかりと言えば遊んでばかりだけれど、今よりも遊んでいたと思う。なぜだかお金もあったし。時にはコンビニでアイスと缶チューハイを買って公園で先輩と話し込んだりもした。誰とも会わなかった日は部屋で一人で外を眺めながらアイスを食べたり、小腹がすいたからとの理由でクラッカーとクリームチーズを食べたりもしていた(村上春樹の小説にでてくる人物っぽい)。

 

夜中の散歩の醍醐味は人が少ないところにある。昼間はそこそこ人がいる場所を深夜に歩くのが好きだ。街が眠っているのを感じ取れる。なんとも言えない不思議な雰囲気をまとった街をお酒を飲んで散歩することでより非日常感がでる。深夜の公園。寝静まった商店街の薄暗さ。道路のまばらな車の光。コンビニの明るさ。たまにすれ違う人の表情。夜明けの光。

 

深夜散歩は大変愉快だ。夏ならなおさら。夏の深夜散歩が一番好き。明け方には銭湯に行きたい。そしていつもより少しだけ豪華なモーニングを食べて電車で帰ろう。きっと楽しいよ。

スマホを捨てたい

過去を振り返り、そしてまた振り返り、また振り返る。そうして日々は過ぎていく。なんとも怠惰で甘ったるく意味のない生活。人の感情は一定に保たれない。

 

サリーは待ってくれる、一緒に歩くには遅すぎるって知っているから。でも彼女の心は離れていく。それを怒ってはいけない。そんなことを語りかけてくる。心が離れることに怒ってはいけない。それでもあのときこうしていタラ、こうしていレバとタラレバ言っている。独り言で。誰かを引き留めることなんてできないし自分が好きにやっていると思っているのでそんなことをしていいわけがないだろう。でもそれって自分で勝手に決めただけで人には関係のないことだよね。自分で勝手に決めたルールを他人に強制してはいけない。

現実の自分とは違う、パラレルワールドのようなもので、違う選択をして成功している自分を想像する。そこに意味はないってことはわかっている。現実に目を向け、スマホと向き合わず机と向き合い(もしくはパソコンと)やるべきことを済ますべきだった。いつもそう。欲しいものより買うべきものを揃えなくては意味がない。すべきことをちゃんと行っている人をすごいねー、と言って側から眺めるのではなく実践するために観察すること、そして実践することが必要なのだという当たり前のことが年々できなくなってきた。そしてそれを今求められている。やらねばならぬ。見掛け倒しではだめだ。スンゴデシオダケカミ。わかっているのにすぐに出来ない。怠惰になった人間が突然何もかもできるわけがない。少しずつね、なんて言っている内はできない。やらねば。やらねばならん。全てを。為せば成る、為さねばならぬ。知っている。振り返ってばかりで甘美な時間を過ごすのもある程度に留めなければならない。もはやある程度の領域を超えた。スマホを捨てろ!

雨の日

雨の日は歩いて駅まで行く。雨の日はローファーを履く。そんな雨の日限定の何となくのルールがある。

 

普段駅までは自転車で行くけれど、雨の日は歩いていく、夜から雨が降る場合も歩いていく。そしてスニーカーではなくローファーで行く。持っている傘が可愛らしいデザインのものなのでいつもより女の人らしい服装をする。髪の毛が広がるのでなるべく結ぶ。防水スプレーがしてあるリュックにする。これが毎日続くとつらいけれど、たまになら良い。いつもと少しだけ違うことをするのにストレスよりむしろワクワクを感じるので、できることならば毎日少しずつでも違うことが起きてほしいと思う。と同時にルーティンをあまり持っていないのでルーティンがほしいとも思う。難しい年頃ですねぇ。

 

雨の日にはよくオセロやら囲碁やら将棋やらをしていた記憶がある。あとトランプとかウノとかかな。五目並べもした。もう囲碁も将棋もしなくなってしまったからやり方もイマイチ思い出せなくなってしまったけれど、やっていたという記憶だけはある。オセロはたまに行くカフェに置いてあるので、そのカフェに行くたびにオセロをしている。連敗中。

 

梅雨入りしたからこれから雨の日が続く。雨の日が続きすぎるのは嬉しくない。洗濯物が乾かないし靴だって乾かない。ジメジメする。時々の晴れ間が嬉しくなる。隔日でも多いな。週3くらいにしてくれると嬉しい。

GWのどこかの日の出掛けた記録

滋賀県近江八幡市に行ってきた。三方よしの近江商人の街。

 

長い長い渋滞を宇多田ヒカルの新しいアルバムをリピートし続けながら乗り越え、お昼ごはんは手軽にSAで済ませ、やっとたどり着いた近江八幡。駐車場はどこも満車。細い道は激混み。前に進まぬ車。どう考えても目的の場所にたどり着けそうにない。抜けて逸れて違うルートで行きました。

バームクーヘンで有名なクラブハリエはもちろんたねやもカフェも併設されているという「ラ コリーナ近江八幡

庭がきれいとのこと。ジブリのような感じの可愛らしいところ。良い天気の中で幼児が遊んでいるのを見ながら一通り眺め、といってもだいたい10分ほどで満足。お土産でも買って帰ろう、といった感じで。

 

f:id:Sanjo_14:20170506011833j:image

=ラ コリーナ近江八幡

 

人が多すぎて何も買えませんでした!

 

美しい何か

個人的に人間として好きな人が美しい何かを愛し大切にしていて、私にもそういうものがあるだろうか、と考えだしたのがそもそものはじまり。

 

私は自分の好きな音楽を誠実でないというか人間性をどうにも受け入れられない人が聴きはじめてあーだこーだ言われるのがとてつもなく嫌いなんです。ずっと何でこんなに嫌いなのかな、と考えていたんですけど、おそらくその音楽が自分の中で美しく個人的感情の上で大切なもので、ある一定の人たちに言及されることによって汚されたように感じているのかもしれないな、と思ったんです。他にも、自分が好きで好きで仕方がなくて美しいと感じているものについて、他人から何かを言われることで汚されたように感じることがあり、それによってその美しい何かから離れてしまうこともありました。まだ誰も触れられないほどのものになっていない状態でいるから余計に汚されたとか考えているのかもしれないけれど。言及されることによって汚されたと思うのって、本当に一部の自分にとってどうにも無理な人だけではあるのですが。

何にせよ、自分にとって美しい何かは存在すること、そしてその美しい何かを汚されたくないということ、汚されたくなければ誰にも見せず一人で楽しむことがわかりました。今のところの私の信じている美しい何かは実体がないから良いです。そして、私はその美しい何かがどう美しいのか、どの部分がそこまで自分の心を揺さぶるのかは私だけの感情であり私だけが知っているということを理解する必要があると思いました。

いつかは自分の手で美しい何かを作ってそれを愛でていきたい。

 

4/30

書くことがない。なくはない。まとまらない。話したいのに話すだけの元気がない。お題をもらったのにも関わらずそれについて書けなかった。申し訳ない気持ちがありながらも、別のことについて。ごめんなさい。

 

孤独について、私は森の中にただ1人っきり、というような孤独はおそらく無理だと思った。私が望んでいるのは、人々の生活の中にいながら他人との交流を排除するようなものだと気付いた。単純に人がいないと怖いんだけどね。人がいないと怖いけれど、人がいるとうっとうしい。なんともわがままだと思う。

なので、一人暮らしで1週間ほど他人との会話は買い物のときだけ、みたいなものが理想なんだと思う。人と住むということはとても難しく大変だと思うし相手にきっと迷惑をかけてしまうだろうな、と思う。情けないのだけれど、イライラしやすいし勝手に落ち込んでふさぎ込むことがよくあるので。

 

なんとなく数時間前に知り合いと連絡をとるのが嫌になってきて、これはたびたびやってくることなのだけれど、まあとにかく無理。きっかけは、友だちに陰口をさんざん言われていたことを思い出した上にその友だちが今は何もなかったかのように連絡をしてくることが不快だったから。くだらない。本当にくだらない。

こうして友だちは減るしコミュニティでは上手く人間関係に馴染めないしでよろしくないと思う。コミュニティが嫌いというよりはコミュニティ内で話をするときに自分が最もなりたくない自分になっていて、その自分が嫌いだからそのコミュニティに行きたくないしそのコミュニティ内の人と関わりたくないのだけれど。

ラインを数件返したらまたひとまず連絡を絶っておこうと思う。支障はないだろうし。

 

最近は暖かい。よく歩いている。花をたくさん見ることができるから楽しい。早起きすることが大切なのはわかるけれどいつも夜ふかしをしてしまう。朝活ができるようになりたい。朝活はカッコいい。

4/17

いつになったらまともになれるのか、いつになったら自分の話をしてから嫌な気分になって自己嫌悪を繰り返さずにすむのか、いつになったら自分を認められるのか、いつになったら面白い人間になれるのか、いつになったら魅力的な人間になれるのか、いつになったら自分の話をペラペラと話さずにいられるようになるのか、いつになったら人の話をちゃんと聞けるようになるのか、いつになったらちゃんと本を読めるようになるのか、いつになったら、いつになったら、いつになったら、が終わらない

満足のいく自分になりたい、理想の自分になりたい、自分だけが信じる自分だけの美しさがほしい