2/14日記

何かとやめたくなって温泉に行った、温泉は最高。


逃避行するなら東北、と言うけれど、手軽に現実逃避するなら温泉かな、と思った、いつか逃避行することがあったら男と連れ立って東北に行きたい。


そういえば、岐阜の長良川の鵜匠は宮内庁式部という国家公務員にあたるらしい、そして長良川鵜飼に使用される用具は国重文なんだって、長良川鵜飼はやはりすごいらしい。

お先が見えないから、鵜飼みたいに誰かにかがり火を灯してほしい、かがり火に照らされた鮎をつかまえるように何かをつかまえたい。


朝風呂するために朝早くに起きた、朝早くに起きると1日が長いという知見を得たものの、朝早く起きるのが難しい、まあ夜更かししているからなんだけど。

夜更かししてダラダラ本を読んで映画をみていられるのも今のうちなのかな、と思ったけど、そもそも今現在そんなことをしていていい状況でもなくてウケる、危機感覚がてんでない、それでも何かと毎日やることがあるしなんやかんややっている、何してるの、とかは本当に聞かれたくないよね、といつも思う。

読んでいた本の中にパウル・ツェランの詩がでてきたので、ツェランの詩集をかりてきて読んでいるけれど、詩がよくわかっていないからなのか頭が悪いからなのか、あまりはいってこない、気に入ったものもいくつかはあった。
中学生のとき、教師が男子生徒に、詩集を読んでいる女の子のがいいよな?って言っていたことを思い出したけど、ボードレールの詩集とか読んでいる女の子だったら嫌だよな、と思った、読書家の女の子、何を読んでいるかによると本当に思う、村上春樹を読んでいる女とか私は嫌だな、スプートニクの恋人が先ほどやっと読み終わりました。世界の終りとハードボイルドワンダーランドは本当に面白い、あれ大好きです。私の周りには本を読む人がほとんどいなかったけれど、最近知り合う人たちは本をたくさん読んでいる人ばかりで常々尊敬している、知識がある人はやはり魅力的だ。

 

そろそろ寝ます、おやすみ。

暗いって言われた話

付き合っていた人に、「最初はそうやって考えているところが魅力的に思えたけれど、いまはただただ面倒だ」と言われたのがトドメだった

 

私は何かと考え方が暗いし、何かと考えすぎるところがあるようで、これは自分では気づいてもいなかったことだったのですが、何人かに何度か言われたことがあって、そうなのか、と気づくにいたりました

こういったところに気づいて言ってくれる人というのは、大抵、長い間付き合いがある人や、目をかけてくれる自分よりもはるかに年上の方々でした

普段は、人と話したりするときには、明るく振る舞っているつもりだし、相手につまらないな、と思われたくないし思ってほしくないからこそ、いろいろ質問したりケタケタ笑っています、だからそこまで暗いとかは言われたりはしない

それがどんどん掘り下げていかれるもしくは掘り下げていかなくてはならなくなったとき、自分のことを話すと、暗い、悲観的、と言われるし、まあ、暗いかもな、とは自分でも思う

それを直そうと思ったこともあるし、いまでもそう思っているけれど、どうすれば良いのかわからない

 誰かにこのままの自分を認めてほしいと思っているところがあるからこそ、直すにいたっていないのもあるとは思うんですけど

 

暗いな、とは思うけど、これってみんなそういうものだ、って思ってきたし、まだ少し思っているからこそ、そこを全否定されたくなんてない、何で人のことを否定するんだろう、否定しているつもりはないのか、はたまた勝手に否定されたと思い込んでいるだけなのか

なんでそんな暗いの?もっと明るくいこうよ、って言葉がずっと残っていて、その言葉通りにするにはどうすべきかをずっと考えてきた

結局、どうすることもできないまま、以前より少しだけ人に優しくなれたけど、明るくもなれず、暗いと言われる考え方がどのようなものなのかが明確にわかるわけでもなく、ひとりでウンウン唸っているだけ

誰かが受け入れてくれるんじゃないか、とか思っているからダメなのかもしれないね

どこかで他人に期待なんかするからよくないのか、とすら思える

 

何とかもう少し明るく、明るくなれずとも、その暗さを誰にも気付かれないよう、自分のことを面と向かって話をする機会から逃げられるよう、他人に期待して勝手にショックを受けるような馬鹿なことにならないようにしたい

誠実に

人とご飯を食べた、会いたくない人と。

 

相手には何も落ち度はない、ただただ私の問題

相手のことを嫌いなわけでもない、向こうは私のことを好いてくれているらしい、別にこれは自慢でも何でもない。何でも、自分の考えを持っている、そんなあなたが素敵!とのこと。

よくわかんないね、大した人間でもないんだけど、まあいいや。

 

話をしていて、いろんな違和感がある。

外国人が、カードを見せてきて募金してくれ、ってよくあるやつを本気で信じていたらしく、募金(?)して、後日、アレって嘘なんだって!と報告されたときは、お前まじか?って私は思ったよ、ああいうのはわかった上でお金を出すものだと思ってたしなあ、しかももうその辺を知るには結構いい歳だと思う、お互いにね。ライフハックまとめみたいなもので読んだかのような、幸せの極意のようなものを解かれ、はて、私はどうすればいいのかな、って思ったこともあったな。

まあそんなこんなで、なかなかこう不思議な存在、まあ、何か合わない。

 そんな人とご飯に行っても、何を話せばいいかわからないゆえに、とりとめもない話を延々とすることになる、そして、話しすぎた自分を恥じて自分が嫌になる。

そんな風に苦手意識を少なからず持っているような私に、その人は、高いお金を払ってまで食事をご馳走してくれるんだから、罪悪感が募るばかり。詐欺師になったら罪悪感なんてなくなるのかな。

 

こんな風に相手に対して不信感というか、良くない、むしろ悪い感情を抱いているのに、よくしてもらうことに対しての罪悪感、息苦しさ。

他人に対して誠実でいれない自分を許せるようになりたくはない、たとえそれが楽な方法だとしても。他人に対して、目の前にいるときだけでも誠実でいたい。 

もっと誠実な人間に、偽善だとしても。

スカスカの本

先日、最近の本ってスカスカだよね、という話をした

 

何がスカスカか。

内容のことじゃなくて、1ページに詰まっている文字の量のことね。一文一文が短かったり、人物のセリフが終わって改行して書いてあったり。あー、確かにな、と思ってそのときはふんふん聞いていた。

 

そこまで気にすることもなく過ごしていたんですけど、ツイッターをしていて気づいたことがあったので、こうして書き残しておくことにしました。

 

ツイッターで、句読点のように改行して投稿するのを見かけて、これは!と思ったんです。ツイッターは140字の短文投稿サイト、そこに140字ギッシリミッチリ書くことが多々ある私には、その改行された文章が不思議にうつっていたんです。

でも、このスカスカの本の話を思い出して、ふと思いました、もしかして、最近の本を読んでいる人にとってはこうして空間を生み出すことがスタンダードなのかもしれない、って。

私はそこまで読書家ではないので、最近の本や昔の本(この言い方もなんだかしっくりこないけど)の明確な違いもわからないし、どこで区分しているかもわからないけれど。

もしそうやって文章に空間をあえて作っているのなら、その空間をちゃんと読み取らなくてはいけないかもしれないね。

正直いけ好かないと思ってるけど

 

京都に行ってきた

年末、京都に行ってきた。

森見登美彦氏のファンなので、森見登美彦氏の小説にあらわれる"偽京都"に少しでも近づきたく、そのあたりをなんとな〜く散策しました。

 

f:id:Sanjo_14:20170107042706j:image

=京都駅前、京都タワー

 

京都駅着

 

河原町

 

f:id:Sanjo_14:20170107042810j:image

=河原町、喫茶ソワレ

 

夜は短し歩けよ乙女の黒髪の乙女が二足歩行ロボットダンスをするところ、めくるめく夜の世界への高揚感、行ったのは昼間だけど。この日はお休みでした!有名な喫茶店ですよね、入りたかった。

 

レストラン菊水にて遅めの昼食、そして辻利の抹茶ラテを飲むなど。

 

恵文社に行くついでに鴨川デルタへ、日が落ちてから行ったので、真っ暗でした。運が良ければ、四畳半神話大系にでてくる猫ラーメンのモデルと言われている屋台ラーメンに遭遇できるかと思います。

 

f:id:Sanjo_14:20170107043317j:image

=出町柳出町ふたば

 

近くの出町ふたば

豆餅を買いました、樋口師匠のおつかい

 

叡山電鉄に乗って、恵文社

叡山電鉄夜は短し歩けよ乙女李白さんの車のモデルとのこと、可愛いらしい電車でしたよ!

 

恵文社では文庫版の死にカタログを購入、いろいろ眺めて、手にとって、パラパラめくって…とかなんだかしているとあっという間に時間が過ぎる。

 

いい時間なので、先斗町

 

f:id:Sanjo_14:20170107044003j:image

=先斗町、千鳥の提灯

 

夜は短し歩けよ乙女では乙女が羽貫さん樋口さん東堂さんと出会うところですね、飲み屋さんがたくさんありました。18:00にはどのお店もほぼ満席!

 

一旦、月面歩行(bar moonwalk) へ

 

f:id:Sanjo_14:20170107044332j:image

=ムーンウォーク四条木屋町

 

電気ブランが飲めます、安い!

 

その後、先斗町あたりで日本酒を飲み、湯葉刺しを食べ、この日は終わり!

 

なかなかうまくめぐれなかったけれど、楽しかった。

 

どの季節が好きなのか

冬の朝は最高、布団の中であればだけど。

 

春夏秋冬でどの季節が好きか、という話はよくあるもので、いつも迷う。

 

春と秋は嫌いなのは間違いない。春は新しいことが始まる記憶が染み付いていて、そこにストレスをいつも感じていたので、春のような気温や風を感じるだけで気分が落ち込む。秋は春と気温などが似ていて憂鬱な気分になるし、なぜだかいつもうまくいかなくなる。

 

それに対して、夏は夜も朝も最高で、何しても大丈夫な気がしてくる、夏フェスもあるし、朝が早くやってくるところも好き、早朝の静かで清らかな空気感がたまらないので!冬は夜中〜が最高で、一人で毛布に包まって飲むココアやらミルクティーやらカフェオレやらは言わずもがな、早朝の寒さと澄んだ空気、永遠に続いてほしい。

 

夏になれば夏サイコー!ってなるし、冬になれば冬サイコー!ってなる、春と秋はならない。

 

今は冬サイコー!と思ってます、冬の朝は特にサイコーです、布団の中など暖かい場所であればあるほどサイコー!

鍋にいれる鶏団子

鶏団子が好き、レシピ記録

 

材料

鳥ミンチ(胸肉ともも肉半々)300gくらい

卵1コ

生姜チューブ1.5㎝

醤油大さじ1杯ないくらい

片栗粉適量

 

生姜と醤油を混ぜておく

全部とりあえず混ぜる

固さに合わせて片栗粉をいれる

油を塗ったスプーンで形を作って鍋にいれる

おいしい!