味がある人生を送っている人募集中

たかだか三つほどしか記事を書いていないところだけれど、薄っぺらすぎて流石に笑った。

 

基本的に、私は薄っぺらい人間だと思うんですよね。それって周りも然りだと思うんですけど。味がある、深みがある人間ってどんな感じなんだろう。それって、知識があると皆も自分も思っていること?ソクラテスの弁明にでてきそうな話ですね。

 

人生経験が豊富、だとして、何を基準において豊富と言うのか、人と違う体験とは?

 

別に他人を否定したくてこんな話をしているわけではないので、悪しからず。

 

人と違うということが、ある程度共通認識としてあるこの現代において、その違うことをアピールすることにどんな意味が?人と違うと思いたいし思われたい気持ちなんて嫌というほどわかるけれども、もうそれは共通認識だと思うんですよね。みんな違ってみんないい!というように私たちは教育されているんだから。それでも基本的にはみんな似たようなもので、まあ似たようにしたほうが安全だよね、というように思わざるを得ないような環境下で育つことも多いからね、そんな中でわざわざみんなと違うことをしよう、なんて普通コンプレックスのかたまりのような人間もあらゆるところに存在して、みんな人と違うことをしようとして、結果的にみんな同じようなことをしている場面にも遭遇しますよね。みんなどこで間違っちゃったんだ。そのままで良かったのにね。 

 

ここまで、もはや定型的なお話ですね。

なんの面白みも捻りもない!

 

味がある人生を送っている!味がある人間性だ!とご自身で思っている方がいらっしゃいましたら、ぜひともご連絡を。心よりお待ちしております。