目の前に横たわる

人身事故があった。最寄駅から一つ先の駅で。電車に乗っているときにはああ鬱陶しいなあとか思ってしまうけれど、電車に飛び込んでしまうのって私にもあり得る事態だなと思ったらゾッとした。目の前に死がある。

もう全部ダメだなって全部うまくいかないしもう何にもできないし何をやっても進みもしないただひたすらよくわからないまま穴を掘っては埋めているだけなんじゃないかって日常に身を置いていたときに、いつものように電車を待っていてふとここに飛び込んだら、一歩だけひょいと飛び込んでみたらもう何にもしなくていいのかな、と思ったら衝動的にやってしまうかもしれない。そんな精神状態に追いやられていたのかもしれない人のことを考えたら息が苦しくなった。それまでの辛い日々をなんとかやり過ごしてきたけれどもういっぱいいっぱいだったんだろうな。誰かがそのときどうしていればとか、そういうのって難しいと思う。いつどこで糸がプツンと切れるように限界がくるかなんてわからないし、本当に簡単なことで糸が切れるかもしれない。電車に乗ろうとしたら人にぶつかられた挙句舌打ちされたとか。どう対応すればいいのかもわからない。いっぱいいっぱいになったときに何とかやり過ごしてきたけれど、それはまだ余裕があったのかもしれないし。何に対して自分の中で限界なのかって本当に難しいよ。他人には計りかねるものがある。助けることができるかもしれないっておこがましい考えだなと個人的には思う。きっと周りにいた人は後悔する。あのときせめてバイバイじゃなくてまたねと言っておけばよかったのかもしれないとか、そういうことも含めて。後悔なんかしたくないし好きな人が自殺するのなんて嫌だし自分がそこまで追い詰められてしまう状況に陥るのも恐ろしい。どうしたらそれを防げるのかと考えていた。その未来は迎えたくはない。

人身事故で亡くなられた方が安らかに眠れますよう。そしてその方の周りにいた亡くなられた方のことを愛していた方々にとってただただ後ろ暗いだけのものになりませんように。