写真が好きだ

私はよく写真を撮る。人の写真を見るのも好きだ。何気ない風景を撮った写真が特に好き。あまりにも作られすぎた写真は個人のものではあまり見たくはないなと思う。過食気味。

 

写真は好きだし記録のためにはとても便利だ。そして何よりわかりやすい。写真全てがそうだとは言わないけれど、わかりやすいものが多いんじゃないかな。わかりやすく消費されるものはすぐに忘れ去られるしそのわかりやすさだけのものや表面上の美しさだけに興味がある人とは相いれないんだけどね。写真って本当にわかりやすいし記録するのにちょうどいいけれど、何かを写すには写しすぎるし何かを表現するには表現しなさすぎるときがある。何かにフォーカスして表現する場合、そのときの悲しさの細かなことではなく悲しいというその事実だけを写しすぎる。その悲しさの細やかな情景についてを表現するのは写真では難しいのかなと思う。もしかしたら素人だからかな。写真家の人たちの写真をあまり見たことがないからそう思うのかもしれない。おすすめの写真家がいたら教えてください。

表面的に美しいだけの写真を撮るには角度だとか光の加減だとかそういったもろもろで可能なんだろうけれど、撮られた人や場所や物と撮影者との独特の距離感や空白とか愛しさを出すのが本当に難しい。かといって彼女を見せびらかすような写真が好きなわけでもない。安達祐実を写した彼女の夫の写真は好きだけど。撮影者のことがのぞけるような写真が好きだ。インスタグラムやツイッターはそういった個人の写真がたくさん見ることができる。その分、表面的なものも多いけれどそこには個人的な違和感があるからスルーできると思う。もしかしたら先入観で打ち捨てる馬鹿みたいなことしている可能性もあるけれど。そういった写真を見るのは元気があるときだけにしたいな。ちなみに、友だちの幼少期の写真や家族のアルバムとかは大好きです。ああいった写真がもっと見たい。愛しさが溢れているよね。

写真をたくさんツイッターにアップするので迷惑だなと思っている人がいるかもしれない。ごめんね。でも私は写真が好きだしできるだけ自分の見たものを記録しておきたいから許してほしい。そしてそれを人に見ていいねされるのって嬉しいものだから。たまに自分が表面的に美しいだけで何の記録でもないような投稿しているときがあって自分の矛盾に吐き気がすることもあるんだけどさ。言い訳がましくなってきたのでやめます。