長い文章を書きたい

長い文章を書きたい人のただの日記

楽しい夜更かし

なにかと幼い頃から夜更かしばかりしている。夜眠れなくて、父と夜中に放送されるドラマをよくみていた。幼い頃に悪いことをしているときの楽しさのようなものを覚えたので、夜更かしに対して悪い印象はないのである。

 

この歳にもなると夜更かしもなかなか様になってきているような気がする。23時を夜中であると思わなくなってきた。本来ならば23時にはすでに夢の世界にいるべきだとは思うものの、ついつい夜更かしをしてしまう。そして翌朝後悔する。つまり夜更かしを楽しむためには翌朝後悔しないようにする必要がある。翌朝後悔するのは眠ることができない1日が待っているわけで、いくら眠っても大して変わらない1日があれば問題ない、はず。

夜更かしをするぞと決めてからは22時にコーヒーを飲んでもいいし、そこから映画をみはじめてもいい。ちょいちょいと何かをつまんでもいい。プリンを食べていい!何もせずボーッとして過ごすだけの夜更かしは精神的に負荷がかかることを考えてしまいがちなのでなるべくしないでいたい。冬の夜更かしではブランケットと暖かいコーヒーを用意すれば本を一冊読み終えることなど赤子の手をひねるようなもの。そりゃあまあ、難しい本は無理だろうけど。ああなんて素敵な夜更かし、あしたのご飯は何にしようかなんてことも考えられちゃう。あしたは何しようかな、天気が良いのなら散歩にでもいこう。

気づいたらウトウトしていて、やっと床につく。そうして目が覚めたときには昼ごはんなどとっくにすぎた14時だったりする。なんともいただけない。考えていたランチはいずこ、散歩プランは、洗濯物は……………。

そして眠りすぎたツケがまわりその夜には眠らなければいけないのに眠れない。翌朝後悔する。またそんな日々か続いてしまう。それでも夜更かし、やめられないよね。

 

ああ、そうこうしているうちにもうこんな時間だ。眠らなくちゃ。