長い文章を書きたい

長い文章を書きたい人のただの日記

3/21-よく胸が苦しくなる

自分が感じていたよりストレスが溜まっていたらしく、水曜は全く動けなかった。午前中の予定をキャンセルする。天候もなかなか荒れていたので動けないことも仕方がないような気がした。

レイトショーに行く約束をしていたので、夕方ごろにはごそごそと起き出してワンピースに着替え化粧を施して家を出る。この頃は財布と携帯とハンカチくらいしか入らないような小さな鞄で出掛けるのが個人的に気に入っている。冬はコートにウォークマンやハンドクリーム、文庫本と定期券を入れておけるのでこういうことができる。夏場は大きなポケットがないので、鞄に入れるしかなくなる。ポケットがいまだに大好きなのでポケットがないと不便だと思う。

少し遅れて待ち合わせ場所に到着する。先にチケットを購入し映画がはじまるまでお茶をする。どのフェスが良さそうだとかあのバンドの新譜が出るだとか異動先がどうだとかどこそこのハンバーガーが美味しいだとかとりとめのない話をする。イソップのトラベルセットをもらう。嬉しい、とても。袋からいい匂いがする。今後泊まることが増えるだろうからこれを使ってねって。すてき。心の支えになる。

バーフバリをみる。単純に面白かった。ひたすら主人公が無双する。バーフバリについてはあらゆるところで言われている通り、わけがわからないし叫びたくなる。これは本当に。みたあとなぜか顔が生き生きしてくる。何も考えず、みるのが良さそう。

シガーバーでオムカレーを食べる。ガラムマサラなどのスパイスをみるだけでバーフバリを思い出しニヤける。フルーツワインが美味しかった。久しぶりにその人と楽しく過ごせたように思える。自分が笑顔で対応することが必要であること、話を聞くことが大切だと改めて気づかされた。これが常にできるようになれればいいんだけれど。

楽しかったけれど誰とも会わずに1人で過ごす時間がないと本当につらくて、胸のあたりが苦しくなる。文字通り息を吸って吐いているだけの1日を過ごすことはやめよう、せめて何かをしようと思い人と会うことを選んだけれど、どうもダメらしい。1人で出かけるようにしようかな。胸のあたりが苦しくなるのはおそらく自律神経のバランスが乱れているからだと思う。もともと低血圧だったりストレスに弱い上に生活リズムが乱れているのでそうなるのもわかる。吐いてしまうようになったら病院に行こうと思う。