暗いって言われた話

付き合っていた人に、「最初はそうやって考えているところが魅力的に思えたけれど、いまはただただ面倒だ」と言われたのがトドメだった。

 私は何かと考え方が暗いし、何かと考えすぎるところがあるようで、これは自分では気づいてもいなかったことだったのですが、何人かに何度か言われたことがあって、そうなのか、と気づくにいたりました。こういったところに気づいて言ってくれる人というのは、大抵、長い間付き合いがある人や、目をかけてくれる自分よりもはるかに年上の方々だった。普段は、人と話したりするときには、明るく振る舞っているつもりだし、相手につまらないな、と思われたくないし思ってほしくないからこそ、いろいろ質問したりケタケタ笑っています、だからそこまで暗いとかは言われたりはしない。それがどんどん掘り下げていかれるもしくは掘り下げていかなくてはならなくなったとき、自分のことを話すと、暗い、悲観的、と言われるし、まあ、暗いかもな、とは自分でも思う。それを直そうと思ったこともあるし、いまでもそう思っているけれど、どうすれば良いのかわからない。 誰かにこのままの自分を認めてほしいと思っているところがあるからこそ、直すにいたっていないのもあるとは思うんですけど。

 暗いな、とは思うけど、これってみんなそういうものだ、って思ってきたし、まだ少し思っているからこそ、そこを全否定されたくなんてない、何で人のことを否定するんだろう、否定しているつもりはないのか、はたまた勝手に否定されたと思い込んでいるだけなのかな。なんでそんな暗いの?もっと明るくいこうよ、って言葉がずっと残っていて、その言葉通りにするにはどうすべきかをずっと考えてきた。結局、どうすることもできないまま、以前より少しだけ人に優しくなれたけど、明るくもなれず、暗いと言われる考え方がどのようなものなのかが明確にわかるわけでもなく、ひとりでウンウン唸っているだけで。誰かが受け入れてくれるんじゃないか、とか思っているからダメなのかもしれないね。どこかで他人に期待なんかするからよくないのか、とすら思える。

何とかもう少し明るく、明るくなれずとも、その暗さを誰にも気付かれないよう、自分のことを面と向かって話をする機会から逃げられるよう、他人に期待して勝手にショックを受けるような馬鹿なことにならないようにしたい。